風俗店が欲しいと思う女の子はどんな子?

風俗店が求める女性とは!?容姿だけでは通らない?意外と厳しい風俗求人! - 風俗店が欲しいと思う女の子はどんな子?

風俗店が欲しいと思う女の子はどんな子?

お店が誰かを雇うときには「うちのお店にこの人が来たとしても大丈夫かな」という視点で面接を行います。
身だしなみとかしゃべり方、働く態度はいかなるものになるだろうかとあれやこれや考えながらお店の経営者は採用を行っているのです。

学歴なんて関係ない

風俗求人において学歴が問題となるケースはほとんどありません。
中にはそうしたことを気にする経営者がいるのかもしれませんが、学歴が良かろうと悪かろうとお客様に提供するサービスに違いはありませんから経営者にとってみたらどうでもいい話なのです。
いくら履歴書を着飾ったとしても、あなたが面接を受けるときに経営者から「この子を採用したくないな」と思われたらそれでおしまいなのです。

お店は何のためにあるのか

そもそも風俗のお店は何のためにあるのでしょう。
難波や新宿といった大きな町に店を構えている以上、それなりの売り上げがなければお店をやっていくことなど出来ません。
売り上げをたくさん上げるためには「お客様にたくさん来ていただいて、お金をたくさん得ること」が必要になってきます。
つまり、お店はお客様たる男性に様々なサービスを提供することによりお金を得ているのです。

人が雇えればそれだけでいいわけではない

お店側の本音としていえば「女性でなおかつ安く雇うことが出来るならばそれに越したことはない」というものです。
しかし、風俗求人はどこを見ても少なくとも安い報酬で雇われているというわけではありません。
なぜならば「それなりに高いお金を出してでもいいから、男性に対して質の高いサービスを提供してくれる女性を雇いたい」からです。
もしも、男性が「こんなお店に二度と来たくない」という女性を雇ってしまったらお店はすぐにつぶれてしまいます。
確かに、お店の経営をするに当たっては女性の確保が何よりも欠かせません。
けれども、むやみやたらに適当な女性を雇ってしまったばっかりにお店がつぶれたと行ったら元も子もありませんね。
人を雇えればそれでいい、そんな感覚でお店を経営することは出来ないということがおわかりいただけたでしょうか。

それなりの対策は誰でも出来る

つまり、お店側がこの子を雇いたいと思えば雇ってもらえる確率が高くなります。
「そんな人徳を磨くかのような難しきこと、この私に出来るのだろうか」と不安に思われる方も多いかと思います。
しかしそんな心配は無用です。
面接の時にそれなりの対策をしておけば、ちゃんとあなたの本心を経営者に伝えることが出来ますよ。

欲しいと思われる人になって面接に臨もう

面接で一番大切なことは「短時間の間に、お店が私を雇いたいと思ってくれること」に他なりません。
欲しいと思われる人になってしまえばもうあとは話が早いのです。
とんとんと採用にまで持って行ってくれることでしょう。

あなたの運命の分かれ道

uykyfkfy
「風俗の面接なんかで落ちる人は本当にいるの?」と思われるかもしれませんが、実際にそういう方はいらっしゃいます。
裏を返せば「風俗の面接なんか落ちるわけがない」と高をくくって受けている人ほど落ちやすいのです。
形式のうえで面接を行うということもありますが、そんなときであったとしても「この人を採用しても大丈夫だろうか」とちゃんと経営者は考えているのです。
これから風俗の面接を受けるときに落ちないようにするため、あらかじめ出来る対策を「風俗店はどんな女性をほしがっているのか」という視点からご紹介したいと思います。
PRサイト:風俗求人日本橋サイト(http://www.kosyunyu.com/kansai/minami_namba_nihonbashi/)